スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェルパで、三崎へ。

2013年も走りおさめということで。

15年来の友人である大ちゃんと三崎まで走ってきました。

誰かと走ることも、目的地がオンロードということも久々な気がします。

20131229_110257.jpg

衣笠あたりのコンビニで一休み。

年末のせいか、路がバカみたいに混んでました。

戸塚から三崎なんて1時間くらいでついてしまいそうなものですが・・・

20131229_110347.jpg

さすが大ちゃん。

我らがリーダー。

後ろ姿・・・決まってますw



僕のシェルパも先週の泥が残ったままでしたが・・・

大ちゃんのVFRは埃まみれでしたなww

お互いちゃんと洗車せねばなぁ!

20131229_122837.jpg

三崎に到着すると、ちょうど昼の時間になってました。

市場の前はバイクだらけ。

写真を撮ろうかと思いましたが、角度的にナンバー入っちゃうのでやめときました。

所沢とか品川、練馬・・・野田とか柏からきている車両もありました。

うーん・・・人気スポットなんだなぁ・・・



そんなわけで何処も混んでいるわけですが。

以前にも飯を食わせていただきた「まるいち」へ。

結局1時間近く待ちましたが・・・

20131229_125853.jpg

美味い飯にありつけましたw

赤身地魚丼¥1500でございます。

本日の地魚はぶり!

油が乗っていて非常にうまかったです

20131229_125903.jpg

リーダーは

マグロ漬け焼丼¥1500だったかな?

「俺のも撮っといて」的に前に出してきたので不自然な空間がありますな。

これも美味かったですなぁ~



三崎でマグロ。一つ目の目的を果たし次へ向かいます。



高校時代の友人が三月に結婚式をやるんですよね。

その時に何か祝いの品を包むのが我々の風習。(←いつからだ?)

馴染み(のような)横浜のショップへ向かいます。

20131229_145925.jpg

というわけで。

横浜レベル4。

いろいろ悩みましたが、いいものが買えましたww



それでは皆様よいお年を。


スポンサーサイト

シェルパで、林道真名井線~大丹波線へ。

12/22 晴天。

いつもとは違うところへ行ってみました。



目標は奥多摩方面:林道真名井線と大丹波線。

「林道 真名井」と検索すると、とても親切なブログがあり迷うこともなくたどり着くことができましたww

ネットでも評判は上々で、一度走ってみたかったんです。



手前にある蝉沢線も行ってみたのですが、チェーンでふさがれていました。

まぁ、短いところのようなのでサッと諦めて真名井線に行くことにしました。

20131222_120138.jpg

真名井線。

フラットダートです。

路面には霜がおりています。

20131222_120807.jpg

景色がすごく良かったのですが、スマホじゃ綺麗に撮れませんね。

しかし・・・驚くほど寒かった・・・



ここまで路面はウェットながら特にガレた様子もなく、走りやすかったのですが。

進んでいきますと・・・

20131222_121700.jpg

うっすらと雪が積もってました。

この先はずーっとこんな感じです。

あんまり気にしないで走ってましたが、写真を撮ろうと足を出したらばまったくグリップしませんがな。



ん?

ここは確か、ピストン林道だったはず。

ヘタレな僕にとって、上りはともかく下りはやばい。



はい。素直に戻りましょう。



下ってる最中に二人組がすれ違い、軽く会釈しつつ登っていきました。

勇者だ・・・



僕はもう一本、大丹波線に向かいますか。

道を戻りまっすぐ道なりに走ると、そのまま林道に入ります。

20131222_124227.jpg

大丹波線突入。

しかしながらこちらも・・・

20131222_125010.jpg

真名井線より本格的に積もってましたww

なるほど。

スリーシーズンなんだな、ここらへんは。

ガソリンもそろそろ少なくなってきてましたし。

怖いし寒いし。

撤収しませうか。



しかし、スーパーシェルパってのは意外と雪道も走れるもんなんでしょうな。

今回はタイヤがオンオフ兼用のせいか、ほぼほぼグリップしませんでしたが。



暖かくなったらまた来ます。

それよりも何よりも。

まったり林道ツーリングに行く仲間が欲しい・・・



それでは。


シェルパで、白銀林道へ 。

時間をかけてバイクに乗るのは久しぶりです。

ぶらりと箱根へ。

家を出たのが10:00とゆっくりだったにも関わらず、気温は9度。

備え付けのグリップヒーターに過信して、三枚しか着込まなかった事を後悔したのは国道一号を海に向かって走っている頃でした。

20131208_114105.jpg

白銀林道。

ここを走るのは3回目くらいになるのでしょうか。



久々なのと寒いのとで身体が言うことを聞いてくれません。

とりあえず、とことこ走って体をなじませます。



林道程度でも走っていると汗をかくんですな。(←僕の場合はほとんど冷や汗なのですがw)

舗装路と未舗装路を交互に走っているうちに僕のほうも暖まってきました。

20131208_120558.jpg

小休止。

途中、展望台と書いてあるところに寄ってみました。

とはいえ、自販機があるわけでもなく。

ただただ身体が冷えるばかりなのですがw



こんなに寒いのに、この林道でバイク乗りを三人も見かけました。

FTRが2台。

本格的なオフロードが1台。



FTRの方々は写真の場所で同じく休憩していました。

先に出て抜かされるのも嫌なので、だらだらしていましたが・・・

一向に出る気配が無い。しょうがないので先行します。

なんとなく、少しペースを上げて走ります。


・・・と後ろの方でヘッドライトが!

うひゃ~!

更にペースを上げ、はっと気がついたらそこは終点。

ウハッ!逃げ切れた~!なんて心の中で狂喜しつつ門を開けていると、後ろから先述したオフ車が一台到着しました。

FTRの方々は来ていないみたいだったので閉門し、てろてろ椿ラインを下って家路につきました。

うむ。

周りばかり気にしてるとロクなこと無いので、今後は自分のペースを守ろう・・・



そうそう。

今回はブーツの試し履き。

20131208_131519_convert_20131209093127.jpg
アウター:SPIEWAK N-3B(38)
インナー:TWOMOONスウェット
デニム:LEVIS 501XX復刻
ブーツ:VENTRANIMI

うはは。

男らしいシルエット!

自画自賛・・・

 

オフロードブーツ

オフ者となってから7ヶ月。

先輩などから「ブーツは購入したほうがいい」との勧めもありまして。


でも。

最初からごついのもなぁ~

とか。

硬いのやだなぁ~

とか。

ウダウダ考えてました。

その時にふと目に飛び込んできたのが「ビンテージ・オフ」という言葉。

現行車をビンテージ風にしていたり、コスプレしていたり。

すごい楽しそうな世界を拝見しました。(→ネットで覗き見しただけ)


そんな中で皆さんが好んで?履いているブーツ。

所謂、ビンテージオフロードブーツ。


すんごく魅力的だったわけです。


そんなわけで・・・

20131206_205548.jpg

こんなん買ってみました。

フルレザーだけに、しかも使い込んだ後の物だけに柔らかくて履きやすい!

サイズ表記は「45」で、すこしオーバーサイズかとも思いましたが「中敷使えばいっか!」と安易な考えで購入に踏み切りました。


うーん。

ごつい!まるでMADMAX・・・


状態は・・・

まぁ、ビンテージですから結構ボロいww

レザー剥がれているところもありますし、白く変色しているところもあります。

まぁ、アジってやつですね。

20131206_205718.jpg

イタリアの「VENTRAMINI」というブランドのものです。


60年代にオフロード用ブーツを作っていたようで、ヨーロッパでは結構有名なところのようです。

現行では作っていないのかな。

オシャレなブーツしかネットで検索できませんでした。


ガエルネやアルパインスターみたく作り続けるブランドと、こーゆー作らなくなるブランドって何が違うんでしょ?

日本じゃ登山靴で有名なGOROなんかも昔は作ってたみたいですが。

残念なことに今は中々見つけられません。

このブーツがボロボロで使えなくなる頃にまだオフロードに乗っていたならば次はアルパインスターのハイポイント!ですかね。

キリン好きが影響してなのか、やっぱこの手のデザイン好きなんですよね・・・

20131206_205701.jpg

そうそう。

わかりづらいけどビブラムソール!

だいぶ減っていますが、まだまだ使えそうです。


現行のガエルネED-PROなんかもビブラムですよね。

こんなんでフラフラ歩く気にはならないんですケドね。

なんにしても、早くこれを履いて林道とか走りに行きたいな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。