カンバン vol.1 「計画」

「バイク乗り」「こちら側」

わかる人にはわかるバイブル、キリン。

その漫画を読みふけるにつれて、衝動的に欲しくなるモノがある。

それが「カンバン」

わかる人にしかわからない拘り。



仲間内で何年も前から”カンバン背背負おうぜ”なんて話をしていたが、今月頭にひょんな事から突如テーマやエンブレムの考えがまとまりだした。

個人的にミリタリー系が好きだったりもするので、刺繍やワッペンじゃ無くペイントで背中に書いてもらう予定。

昨日はペインターの人と会って金額や僕らの具体的なイメージの話をしてきた。



イメージとしては・・・

A2カスタム3

こんなのとか・・・

A2カスタム2

こんなのとか。

A2カスタム2

こんな感じもいい!

これから原画を描いてもらい、納得がいったらペイント工程に移るそうだ。

どんなのが出来上がるのか今から楽しみです。

Seize the day!

Go with the UNDINE.


スポンサーサイト

Vanson D2

vansond2


バンソン D-2 hardwear別注。

冬のライディングはもちろん普段使いにも愛用中。

この十数年、バイクは変われど革ジャンは変わらずってとこ。

革ジャンは着込んでナンボ。購入当初は意地を張って寝るときも着ていましたから(^_^;)
そういえば、親からは白い目で見られていたような。

その甲斐もあってか、重さは相変わらずだが硬さの方は段々と柔らかくなってきた。

煙草の火種を落としてしまったり、バイクでこけたりで各所スレや傷だらけですが、もはや手放すことの出来ない一着なのだ。
黒なのであまり目立たないのも良い。

買った頃は身幅が合ってない様な気がしていましたが、いつのまにかジャストサイズになってしまった。

月日の経過と体系の変化というのは恐いものだ・・・


N-3

buzzn3-3

BUZZ RICKSON’S バズリクソンズ N-3。

言わずと知れた、極寒地用のミリタリージャケット。

ナイロンシェルに中綿にウールパイルというものでかなり重量があるが、そこは筋トレと割り切るべきだろう。

僕は171cm65kgでSサイズ。着た感じはジャストサイズで、袖のウールリブが見え隠れする位で良い感じ。

とはいえ、ジャストサイズというのが中々難しく、身頃を合わせると袖が短く、身丈・袖丈で合わせると全体的に不恰好になる。

レプリカという事と、アウターのアウターという位置付けですのでしょうがないのだが、形がうまくないんだろうね。

今ではマッコイズ系統からはかなり良い形のものがリリースされているが、「レザー=マッコイズ・ナイロン=バズ」という意識が頭から離れず、ずっとオークションで探していた。

状態のいい物を見つけた際に即購入に踏み切ったというわけ。

ちなみに、Mサイズだとかなり身幅があるので購入を考えている人は試着してからにした方がいいと思う。

bazzn3-2

実はこちらM品番!すなわち、圧倒的なファーの質感!!

現行物(特にN-3B)は下地が見えてるからなぁ。