スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ用ストーブ

takibi2

一見、昔のVHSビデオテープにも見えるコチラ。

ホリデーオート製の焚き火台である。



組み立てると・・・

takibi1

こんな感じ。

オールステンレスなので、使用感がたっぷり出てます。

組立後のサイズは15×15くらいで、1.2kgと少々重いですが荷物の奥底に忍ばせツーリングに活用中。

三人くらいなら軽くBBQできて、なかなか秀逸。





ba-na-1

こちらは、スノーピーク ギガパワーストーブ「地」

いつだったか、snow peakというブランドネームと、商品名に惹かれて購入。

もっぱら年二回のキャンプツーリングの時にしか活躍しないのだが。

当時、あんまり予備知識無で買ってしまったので後からオートでない事を後悔したものの、パワーも十分だし軽いしで、今ではかなり気に入ってる。

何より無骨でかっこいい・・・ような気がする。

ba-na-2

収納状態。

写真じゃ解らないけど、結構小さくなるので場所とらなくて良い感じ。








実は、別に撮影する為に出したわけではなく・・・

ba-na-3

息子たちとベランダで焼きマシュマロやりたかったのだ。

焼いたマシュマロ。初めて食べたけど意外と美味いんだな~

甘すぎて気持ち悪くなったけど・・・


スポンサーサイト

寸又峡ツーリング

先日、友達のA様の誘いに応じてGREEのオフ会的なツーリングに参加。日帰りで寸又峡温泉へ参加してきた。

当日はA様と6:30集合。11月ともなると、朝は冷える。

珍しく15分前には給油を済ませドトールで温かいコーヒーでも・・・と、おお!!

やってないし・・・

以前24H営業だったコーヒーショップは営業時間が変更。

その上、A様まさかの遅刻。20分も遅れてきやがりました。

そして集合場所に向かう途中で雨に降られた。もちろん、合羽の持ち合わせもない。



この頃から、この日は何かおかしかったのかも・・・



東名高速 中井PAに8:00集合。

メンバーは計10名。当たり前だが、A様以外は誰も知らない状況。

とにかく走り出せばアクセル捻るだけか、などと友人と話しながら出発。

因みに、未だ僕は行き先すら知らないわけで。

次の休憩所である富士川SAで「静岡ICで下りる」と説明を聞いたとき参加を少々後悔したが時既に遅く、旅はまだ始まったばかりなのだ。



出発から数時間。東名高速を集団でひた走る。雨もやみ日も昇ったところで、その日はだいぶ暖かく眠気を誘う陽気。実にツーリング日和だった。

静岡ICを下りて下道に入るわけだが、10台も揃うと信号を渡るのがなかなか難しいらしい。こんな台数で旅するのは初めてなので、高速を集団走行するのも下道で信号を渡りきれないのも新鮮だった。

メンバーの殆どの方は僕より年上だったと思うが、その走りの熱いこと。

さして速度が出ているわけではないのだが、路面状況にかかわらず安定してる。後ろから見ていると、一台ずつ順番にカーブの先に消えていく。

バイクとはこういう乗り物だったと、思い出させてくれた。しばらく忘れていた感覚。

どれくらい走ったか、いつのまにか寸又峡温泉に到着。

111115-6

ずうずうしくも真ん中に僕のバイクが止まってしまった・・・(ーー;)

多分、皆の走りを見る限り僕が一番ローテクニックだったに違いないのに。

111115-1

景色を激写。

まだ緑が混ざり、紅葉には少し早かったのだろうが上等な景色。

111115-4

温泉街の案内図。

飯までまだ時間があるから、「プロムナードコース」から「天子トンネル」を通り「夢の吊橋」へと皆が歩くままに着いていく。

111115-3

これが「天子トンネル」・・・

かわいい名前がついているが、この外観。けっこう怖い。

やはりトンネルの中も、外観から想像できる通り。けっこう怖い。

111115-2

と、吊橋は一方通行らしい。ここを渡るとぐるーッと回ってこなければならない。

かなり距離あるし、しかも吊橋。もちろん怖気づくわけで。

何名かの勇者は挑戦していたが、彼らが帰ってきたのは僕らが飯を食って30分も過ぎた頃でした・・・

111115-5

昼飯はやっぱり山菜蕎麦でしょう。山の幸として王道。

これは美味しかった。

111115-8

嫁に土産も購入。

次はSLを見に行くらしい。

再び山道を走る。こんなルートよく探したな、と感心するばかり。走りやすい道だった。

道の駅。ここで往年のSLが拝見できるらしい。

僕は電車に詳しくないし興味もないのですが、それでも間近で見るSL機関車はかっこよかった。

一服し、いよいよ帰路。

相良牧の原ICから東名高速にのり、牧の原SAにて給油と休憩。

111115-7

日が落ちると気温が大分落ちるだろう。脱いでいたインナーを着込み、そして出発。

・・・の予定だった。



事故。
バイクに乗る上で、最も密接に関わる単語だと思うが・・・この件に関しては深くは語るまい・・・



大分遅くなったが、牧の原を出発し、あまりの寒さに足柄で一息。

そしてゆっくり家を目指すわけです。


キャンプの灯り

ひとつ目。

ranntann1

スノーピークのギガパワーランタン「天」。

キャンプツーリングにおいて、ランタンはちょっとした贅沢品かな、と思ってます。

LEDに比べて、かさばるし、手間かかるし。

でも、白色では味わえないあの温かい光は一度使うと病み付きです。

光量は十分。だいぶ明るいし言うこと無い。サイズの割にはギガパワーって訳かぁ。

上から吊るすワイヤーとかがついてないのと、オート機能は全くと言って良いほど使えないのが難点。

ranntann2

収納した状態。

上のステンレスの蓋?が焼けて良い感じになってきてる。

道具って、こういうのが好き。



そして・・・

最近、戦力として活用しているのがこちら。

ranntann3



mont-bell 2weyLEDランタン ¥3500

まず、LEDのクセに白色じゃないんです。前述した、いわゆる「温かい色」。

十分な光量と軽量高耐久。吊るしても良し、置いても良し。

これはスグレモノ・・・


カウルステー加工①

hure-mu
先日購入したニンジャカウルステーの加工。

まずは、フレームの修正。

万力に固定して力任せとフィーリングで修正。

意外とうまくいったかな~

後は要らん部分のカット。

ベビーサンダーでぶった切ります。

ドクタースダのフレームマウントステーがあるので、其れをベースにする予定。

どちらにしても溶接は必要ですね~

ニンジャ化計画

様々な方が挑戦しておられる、ZRX+ニンジャカウル。

僕はまだまだ計画段階だったが、着手するために部品の購入を再開した。

アッパーカウルとカウルステーはどちらも某オークションで入手済み。

しかしながら、当時購入したカウルステーは「現車外し」と説明文にあったにも関わらず加工されていて使い物にならんし。

素人にはどうにもなりそうにないので、ステーは再購入することに。

kaurusute-

で、一か月前に購入したニンジャのカウルステー。

やはり某オークションで購入。

説明文には若干の曲り、とあったが商品は右のミラー部分が内側にすごい曲がってる。

腹が立って、講入後にオークションを見直したら、ちゃんと「修正してください」と書いているじゃないか。



二回にわたりロクに確認もせず手を出した僕の学習能力って・・・



まあ、会社に行けばある程度工具がそろっているので、曲りは気合で修正してみよう。

ガレージを持ってないので次の作業がいつになるかは解らないが、計画を着実に進行させていくとして。

完成するのか、しないのか。



気まぐれな僕、どうなることやら・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。