洒落たライディングパンツに挑戦する。

バイク仲間に感化され、ライディング用のデニムパンツが欲しくなってしまった。
あんまりバイクバイクしてるのも悔しいので、オサレと名高いマックスフリッツに行ってみた。
バイクを買い換えようというこの時期に、そんな支出にバカを見ることは明白ではあるが。

2018071620084525d.jpeg

事前のネット検索でほぼ一目惚れしていたデニムスクランブラーパンツなる物を購入。
平置きのスタイルは好みそのもの。カラーは迷ったが、汎用性の高いインディゴにしておく。

しかしながら、細身で有名なこのブランド。

20180716200844d2a.jpeg

てゆーか、足が短い。ブーツ履いて写真撮ればよかった。笑
履いた感じは見ての通りパッツパツ…
まあ、こんなナリしてスキニーパンツなのだから仕方ない。
「履いてるうちに伸びますよ〜」なんて店員さんに言われ鵜呑みにしたわけだが…

20180716200843700.jpeg

ピチピチだけど、ストレッチが効いてるので楽にしゃがめる。
膝パットは装着できるので、あまりシルエットを崩さないものを後日買いに行こう。


スポンサーサイト

薩埵峠に行く。

とあるツーリングクラブ入会から、約1ヶ月。
考え方の違いからあっさり脱退。
その時仲良くなったメンバーと一緒に新たなツーリングクラブを設立、という流れになってしまった。

クラブの運営なんぞしたことも無いのでどーゆー風に進めれば良いかもよくわからんが、名称とエンブレムは早々に決まった。

とりあえず、第一回の定例ツーリングとして薩埵峠ツアーを企画。
今日に至る。

201807021133240e0.jpeg

企画当日。
都合よく関東は梅雨明けし、拷問とも言えるほどの暑さになった。
宮ヶ瀬集合、山中湖〜富士山〜沼津経由で目的地を目指す…らしい。
ルートも目的地も人任せ。こんなんでリーダー名乗っていいのか?

201807021133342c0.jpeg

既にチームTシャツを自作したメンバーがいた。
行動が早すぎら上に、表には自らのハンドルネーム入りという拘り。笑

2018070211343326a.jpeg

裾野付近は非常に気持ちの良い道だった。
途中パタパタと雨が降るあたり、流石ワタシ。雨男の面目躍如。

201807021133377c7.jpeg

国道1号に面する、ご飯屋さくら。
由比の桜えびは絶品だった。
ボリューミーなかき揚げ丼を頼んだGG達は悪戦苦闘していたが、全員無事に完食。
この暑さで油物は少々苦しかったようだ。

20180702113326afc.jpeg

昼食のご飯屋から少々山道を駆け上がると、そこが薩埵峠。
海と富士山のコントラストは、富嶽三十六景のモデルになった場所らしい。
何故かここはバイク乗りが集まるらしい。その理由は…

201807021141559e1.jpeg

そう。
漫画キリンの第1章で、キリンが吹っ飛んだ場所なのだ。
縁起が良いとは言えないが、私もキリンファンなので嬉しい景色。
展望台には登れなくなっていたが、自然豊かな良い場所だった。

20180702113333dfd.jpeg

更に県道52号を登っていく。
ルートの予定としては、このまま本栖湖を目指すのだが…
慣れないマスツーリングは時間が全くといっていいほど、読めない。
道の駅とみざわ。ここについたのは既に16:30。
元気に仮面ライダーポーズで写真撮ってみたけど体力はボチボチ限界だったので、新清水から東名で帰宅することに。

2018070211333684a.jpeg

ラストに足柄SAにて。

皆さん、今日はありがとうございました。


クシタニカフェに行く。

天気もそこそこ回復傾向だったので、0ccツーリングクラブの有志でターンパイクに行ってきた。

20180519163723659.jpeg

路面もまあまあ乾いてて曇天ながらも雨は降らなくて、今日はいい感じだな、なんて調子乗ってたら立ちゴケした。
アッパーカウルにがっつり傷が。
オールペン計画が現実味を帯びてきてしまった。

20180519163721fb1.jpeg

初めてのクシタニカフェ。
今日は箱根も真夏の気温だったから本当はアイスコーヒーが良かったけど、無料というのは有難い。


シェラデザイン のマウンテンパーカーを手に入れる。

少し前の話だが、マウンテンパーカ を買った。

20180425161819b39.jpeg

結果としてシェラデザインにした。
何十年も変わらない不変のブランド…ロクヨンクロスの代名詞。
でも、これは少しタウン向けのショートデザインで持っているモノより若干オシャレ寄りになったみたい。

オークションで安く買えるかと期待したが状態が極上だったためか、結構釣り上がってしまった。
何気に50thモデルらしい。釣り上がった理由はここか?よくわからん。

サイズは172cmだとJPN【M】でジャストだと思う。
ネット見てると「Sでジャスト」とか言っちゃってるモデルさんが居るけど、丈とかもかなり厳しい。

20180425161821cee.jpeg

以前からもってるマウンテンパーカー(青)と並べると、やはりカタチが綺麗になってた。
レギュラー丈のマウンテンパーカーは中2の頃から25年ほど着ているが、未だ生地や縫製に問題ない。

やっぱり良いものは、良い。


ZZR1100のフェンダーをレスる。

ZZR1100は実際の重量もさることながら、見た目もかなりの重量級。
リアフェンダーを取り払うことで後者のソレは軽減できる。

201805041625148e9.jpeg

AMC(アジアンモーターサイクル)製をオークションで落札。
送料だなんだを加算してもアクティブのモノより安い。
てゆーか、これくらいの構造ならエーモンステーで簡単に作れそうな気がするが、強度とかもあるし。

思っていたより軽いし、丈夫そう。

20180504162512ef5.jpeg

キットだけ見るとすごく簡単な取付できそうだが、シートカウルは全部取り外さないといけないらしい。
さすがカワサキ。
敢えて面倒くさい構造にする事で、愛着が深まる効果を狙っているらしい。

ビックリな事に穴の位置がピッタリだった。社外品としてはかなり精度がいい。
AMC、なかなかやる!

20180504162516fa3.jpeg

本締めしたら配線つなぎ直してシートカウル戻しておしまい。
改めて見てみると、なんか寂しくなってしまった。
もっと破廉恥は角度をつけてやれば格好良くなるかもしれないが、ZZR1100は紳士なバイクだと思ってるから、ここは法令遵守。

でも、リフレクター買うの忘れてた。
作業自体は30分くらいで簡単にできた。商品の精度が良いとスムーズに終わるのね。

20180504162518e8e.jpeg

おかげさまで、サイレンサーを磨く時間ができました♪

| NEXT>>